青池保子公式サイト LAND HAUS トップページ > 日記

日記

2017年10月29日

40年目の悲憤慷慨









私の自宅マンションの南側には、様々な樹木が生い茂る小さな森が隣接しています。
都会では贅沢といえる緑豊かな眺めに惹かれ住みついて、今年の11月で早40年。
四季折々の植物の変容や飛来する野鳥たちが、どれほど安らぎと癒しを与えてくれた事か。
この環境が40年もの間、私の創作活動を支えてくれたといっても過言ではありません。
ところが…! 今やその森が消滅の危機に瀕しているのです。

長年東京都が管理していたその土地が、昨年元々の地主(あちこちに土地を持つ中年女性とのこと)
の所有に戻り、更地にするという話が出ていたと、つい最近知りました。
その後、近隣住民に更地にする目的の説明も一切ないまま、9月には土地の一部を削って作業車2台分の駐車場を設置し、やがて森の中から作業音が聞こえるようになりました。
作業員は整備するだけと見えすいた嘘しかいわない。
そして昨日、朝からチェーンソーが鳴り響き、初夏に白い小花を沢山咲かせたイヌザクラの木を容赦なく切ってしまいました。ベランダで立ちつくす私の目の前で…!
悲しさと切なさで、胸がいっぱいになり、ネームを作る集中力も失せてしまいました。
これから次々と沢山の樹木たちが伐採される惨状が続くのかと思うと、心が痛んでまともに仕事が手につくのか危うい気持ちがします。

でも、営業妨害だの自然破壊だのいっても、一切の説明を拒否する誠意のない手練れの建設業者(地主と一体かも?)には馬耳東風なのでしょう。
近隣住民は困惑しながらなりゆきを見守るしかない状況です。
私が思うに、五輪がらみで何でもありのこのご時世、馬事公苑の沿道にあるこの土地を有料駐車場にする計画では? あくまでも個人の憶測ですが。
その馬事公苑の豊かな森も今は昔。スカスカの更地と工事現場になってしまった。
一か月間の祭りのために、人々は何を得て、何を失うのか。

否応なしに伐採される樹木たちには、40年間豊かな自然をありがとうと感謝するしかないのだろうか。
この先心穏やかに仕事ができるのだろうか…。
眼精疲労で休んでばかりの日記ですが、この悲憤を書かずにいられなくて、長文になりました。
楽しい話題でなくて申し訳ありません。

昨日姉から聞いた話。
私の姪っ子の長女があの清宮君とは同級生で、クラスでは誰も野球の話はしないんだとか。
きちんと弁えているんですね。彼はフツーの子だそうです(笑)。
少し明るい話でした。


2017年1月1日

新年のご挨拶

年頭のご挨拶だけは、きちんと書き込まなければと、本当にお久しぶりの日記です。
下関は穏やかに晴れた元日を迎えました。皆様の地方はいかがでしょうか?
昨年より世界の情勢も波乱含みの展開で、どうなることやら予想もつきませんね。
現代ものを描いていなくて、ああ良かったとばかりに、今年も中世ドイツに居座ります!(^^)!
楽しい作品を描くように奮励努力しますので、気長に待っていてくださいませ。
読者の皆様には2017年が幸せな年になりますように、心よりお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2016年1月1日

新年おめでとうございます

好天に恵まれた2016年の元旦。明けましておめでとうございます。
例年のように下関に帰省して、親族一同で新年のお祝いをして過ごしました。
老いも若きも女性達はなぜこうも賑やかなのか。ひたすら笑いさざめいて、疲れ果てたのでした。
みなさまの元旦は如何だったでしょうか?今年が良い年になりますように、お祈りいたします。
新しく始まった若き日のオドの連載を、皆様に楽しく読んでいただけるように大いに頑張りますので、
本年もご愛読のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

2015年8月13日

地元のお祭りにあの人が。

猛暑続きの東京から、昨日11日に下関に帰省しました。
今日は両親のお墓参りと、地元のお祭りに行こうと姉と計画していたら、なんと今朝から大雨が。
それでもお花を抱えて功山寺へ。こんな大雨にお寺に来るような人はいないだろうねと、話し合っていたら、
ここは高杉晋作が奇兵隊を決起させた場所。境内のあちこちに雨の中を老若男女が熱心に見物しています。
さすが大河ドラマ、視聴率には関係なく影響力があるのだなあと感心しました。見てないけど。
お祭りは夜7時から。雨は降ったりやんだりしながら収まりつつあったので、予定通り神社に行ったところ、
境内のあちこちに一目でわかる黒服のSPの姿が。これはもしや。やはり安倍総理のお出ましでした。
何年か前に、同じお祭りでお見かけした時は在野中で、たぶんお供も少なくて目立たない風情でしたが、
さすが総理大臣、山ほどのお取り巻と大勢のSPを従えて、二言三言ご挨拶をして去って行かれました。
あっという間に黒い一団がごそっと居なくなるのも妙な光景でしたが、選挙区は大事なんですね。
小雨まじりで、お祭り的には寂しかったので、最終日の明日も行こうかな、なんて思っています。
幼い頃から馴染んでいたので、帰省するたびに必ず見に行くお祭りなんですよ。

マダニの件では、いろいろご心配をかけてすみませんでした。
痛くも痒くもなかったので、軟膏と絆創膏を貼って傷跡が小さくなるのを待っている状態です。
また、誕生日のお祝いメッセージをありがとうございました。遅ればせながら、お礼を申し上げます。
怪しい天候ですが、皆様にはよいお盆休みをお過ごしくださいね。

2015年7月23日

身も凍るコワイ出来事

長い間ご無沙汰していてすみません。半年ぶりの日記は、少々気持ちの悪い話で失礼します。
例年のように今年も6月下旬に家族旅行で、北海道の森林や湿地帯の大自然を楽しんでまいりました。
東京に戻ってすぐに「和もの」の原稿を描いたのですが、すでに事件は私の右肩で起こっていたのです。
肩の後ろのリュックのベルトが当たる箇所が少し痛い。直接見えないけど、なんとなく腫れているみたい。
気が付かないうちに血豆ができたのだろうと、絆創膏を貼り付けて小さくなるのを待っていたのですが。
次第にそれは大きくなり、おまけに周辺が赤く腫れてきたので、何やら心配になって皮膚科に行きましたら、
絆創膏をはがした先生が一言。「マダニです。まだ生きていますよ。」
えええええええええ!!??うっそおおおおおおお!!!!もうパニックですよう。

無理にはがすと口が残って感染症を引き起こすので、アルコールたっぷりの綿で包んで弱らせるのですが、
全然弱らない。コンクリートのように足場をがっちり固めて貼りついているのです。私の右肩に。
「これで離れないなら切開するしかありません」と、次は液体窒素でガンガン冷やされました。
痛いのなんのって、でも何でもいいから早く取ってくれえと、こっちも必死。で、やっと取れました。
スイカの種くらいの大きさの鈍色のモノでした。うううう、気持ちが悪い。
こやつが、原稿を描いている間も、編集者と打ち合わせをしている間も、私の肩に貼りついてちゅうちゅうと
血を吸っていたのです。北海道の森林ではクマばかり気にしていて、マダニには不注意だったと大後悔。
「今日はこれで二人目」だそうで、近所の公園にも生息しているらしいので、油断できません。

感染治療の塗り薬と抗生剤を処方されましたが、この抗生剤が私には結構強かったようで、服用して五日目で
物凄い眠気とふわふわ感でまともに歩けないし、腸内細菌もダメージ受けてお腹の具合がヘロヘロに(泣)。
怖いマダニの感染症よりはいいかと、乳酸菌やら野菜やらでお腹を回復させているところです。
昨日皮膚科に行って、もう大丈夫と言われて一安心。あとは傷を治すだけ。
ふと見ると、先生の机の上に液体窒素のボンベが。私の前にまた今日もマダニ患者が来ていたそうです。
どうか皆様も気を付けてくださいね。公園や草むらでは防虫スプレーを絶対にお忘れなく。
ちなみに、私よりずっと美味しそうな姉たちには全く被害はありませんでした。ちょっと理不尽かも。